スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

震災被災者の方へ

2011年03月20日 13:05

震災被災者の方へ

どんな言葉も今の自分の気持ちを正確に伝えることが
難しくもどかしくキーボードを打っています。

とにかく今自分のできることから行動したいと思います。
それがわずかであってもきっと被災者の方の応援になると信じて。
スポンサーサイト

週末練習(3月3日)

2011年03月08日 22:51

本日も公園で8IのランニングとPW5Yキャリーを
行ったりきたり。

だいぶクリーンな当たりが増えたんですが、
たまにダフリがまだ出てしまいますぅ~
(カアー!)

40球に1球ぐらいの割りなんですが、されど1球。
練習でこれでは本番ラウンドで出る可能性はもっと高くなるのは
当たり前。これではいかん。

でもまあ1月頃に比べれば格段に当たりは安定してきてるので、
あせらず、ぼちぼちいくことにします。

週末練習(2月27日)

2011年02月27日 18:05

本日も午前中は、近くの公園で8Iのキャリー1YのランニングとPWのキャリー5Yのピッチ&ランを
行ったり来たりをちょこちょこと。

でも、打ってる数を計算すると、20球×往復2×4回=160球!!
意外と多いのにびっくり!

枯れ芝、雑草、ベアグランド状態なので、ランの距離は正確には
わかりません。

でも、しっかりしたロフト通りの決まったキャリーが打てるようになれば、
後のラン距離はその時のグリーンの速さを早めに掴むことで調整できるはず。

とにかく、ランを差し引いた落とし所を念頭に置くことがミソ。
大抵ピンまでの直接距離が頭に浮かんで、ついついその距離感で打ってしまうことが
過去どれほどあったことか。

ピンまでの直接距離からラン分を差し引いた落とし所を明確に意識し
アプローチに臨む。
それには、この練習は結構コストパフォーマンスが高いです。
(と言えるラウンドをまだしていないので、効果は未だ不明。アタタ)

午後は、いつもの練習場で2カゴ。SW、PW、9I、8I、7I。
ここは毎日購読している新聞屋さんのカードを見せると1カゴサービスになるのです。
結果、いつも1カゴ分のみの支払いで済んでます。(新聞屋さんのサービスに感謝

あぁ~ もう2月も終わり。
暖かい3月はもう目の前です。
本格的ゴルフシーズンを前に早くラウンドしたいなぁ~

週末練習(2月19日、20日)

2011年02月20日 16:17

土曜日は、いつもの公園でアプローチ練習(周りに誰もいないこと確認)。
これまでの練習で感覚的にマッチしている8Iの7時-5時ランニングとPWの8時-4時ピッチ&ラン。

ライが殆どベアグランド状態だけど、しっかりクリーンにヒットしないとうまくいかない訳で、ごまかせない練習。
(と自分で無理やり納得しつつ。。。)

①ボールの左サイドを振りぬく感覚
②わずかに右ひざを送る感覚

このふたつを持ってやるといい感じになりました。
特に②は、「インパクトの状態を下半身は作りスタンスはオープンに構える」というセオリーに
縛られ、下半身は一切動かしてはいけないと思ってました。

でも、そうすると身体全体が硬くなり、トップ、ダフリが出てたように思います。
右ひざを送るといって本当に感覚的なもので。

本日、日曜日は、練習場で。2カゴ。AWははずして、SW,PW,9I,8I,7Iのみ持参。
(大まかな番手毎距離)
PW 9時-3時(ワンレバー)30Y
      (ツーレバー)50Y
SW 10時-2時     70Y
PW 10時-2時     100Y
9I 11時-1時     115Y
7I 11時-1時     145Y

大半、PWに費やしました。
どれも、やはり、気持ち右ひざを送る感じと加えて左ひざもわずかに柔軟に使う感じにするとよかったです。
左ひざも、「左のカベ」というセオリーに縛られ、「動かすことは悪」と頭に硬く刷り込まれていたよう思います。
「左ひざが左に動く⇒左に流れる⇒左のカベが崩れる⇒パワーが逃げる⇒飛距離が落ちる⇒悪いスイング」
という方程式が頭の中にこびりついていました。
でも、頭を残してさえいれば、下半身主体の澱みないスムースなスイングになりました(自画自賛。でも、いいのです。50からのゴルフは端からプロのスイングを作るのは無理。基本を理解した上で気持ちのよいスイングで固め、番手ごとの距離、曲がりも固まれば90は切れるのです。BY倉本プロ)。

あと、練習場の人工マットでダフリが分からないのを避けるため僅かにティーアップして全て打ちました。
これは昔の某プロが行っていたとの話。
確かに人工マットはダフってもすべるのでいい当たりと判別しにくいところはある。
(でもプロレベルであればダフった当たりかクリーンな当たりかは当然わかるはずだから、其の出所は怪しいが。。。)

3月後半に月例がホームコースであるので、それまでにこのスイングを身体に染み込ませ、90台を狙うぞ   
 

週末練習(2月12日)

2011年02月19日 13:50

先週末は、日曜から大雪だったので、土曜日のみ(寒くて外へ出る気がおきなかったです)。
午前中、いつもの公園でのアプローチ練習。
8Iでのランニング。そこそこな確率で1Y先の目標へキャリー。

5Yキャリー練習は、やっぱりAWよりPWの方が確率がよさそう。
そもそもAWはグースネックになっていないので、何か違和感が出てきてしまいました。

その後午後、練習場での練習が酷かった。
これまでのアプローチ練習では、結構パターに近い感覚でのストロークが感じよかったので、
やや、ハンドアップ気味になってました。

今までの70Y以上のショットは、それよりはハンドダウン気味だったので、
ビミョウな違いなんですが、ここでフルスイングが迷路に入ってしまい、
分からなくなってしまいました。

アプローチは基本フルスイングと同じで、振り幅が違うだけという考え方にたてば、
もう少しハンドダウン気味でやるべきなんでしょうね(本来のライ角通り)

ランニングはパター感覚の方があってる感じがするので、そこを敢えて繋がず別物と思ってやればいいんですかね。
う~ん 悩ましい。 

なんだか昔もこんなふうにスイングの感覚、考え方で悶々としたような。

とりあえず、今週末、あらためて取り組んでみよう!


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。